外国人の友達が欲しい人が注意したい2つのこと!外国人に勘違いされることとは?

外国人と友達になりたい

 

あなたが、外国人の友達が欲しいと思う理由は何でしょうか?不順な理由で外国人と友達になろうとしていませんか?

 

 

また、純粋に外国人の友達を作りたいと思うがあまり、行動がエスカレートして相手に不快な印象を与えてしまうこともあります。

 

 

ちょっとした言動や行動で悪いイメージを持たれないように、気をつけたいポイントを2つご紹介します。

 

 

 

その人の国籍にこだわる発言や行動は厳禁です!

これは、誰でも理解出来ることだと思いますが、国籍で友人を選んでいることが相手に伝わっていたらどう思われるでしょうか?

 

 

日本人のあなたが、海外で仲良くなった現地の人に「え?あなた日本人なの?韓国人じゃないの?」と言われて、それ以降その人の態度がころりと変わったらどう思うでしょうか?

 

 

自分が日本人ということで嫌われたと思うでしょう。また、「日本人なの?じゃぁ友達になりましょう!」と言われても、正直戸惑うと思います。日本人という立場を利用したいのか?と不信感を持つかもしれません。

 

 

それと同じで、その人自身を見るのではなく、国籍や出身地で人を選ぶような言動や行動があれば、相手は完全にあなたを警戒してくるでしょう。友達になるためには、何よりも信頼関係が必要となってきます。

 

 

信頼を得られないような言動や行動は友達になれない以前に、相手に嫌われてしまうことが殆どです。相手から不信感を持たれるような言動や行動をしっかりと見極めましょう。相手を外見やイメージで判断することは厳禁です。

 

 

日本人を大否定する言動や行動

外国人と友達になりたい!外国人って素晴らしい!という気持ちが先行して、日本人を否定するような言動や発言をする人が少なくありません。

 

 

「日本人はつまらないから外国人のあなたと友達になりたい」とか、「日本人とは合わない」といった発言を日本人のあなたがすれば、相手の外国人はどう思うでしょうか?自分の国の人と同調できないあなたには何か問題があるに違いないと思うことでしょう。

 

 

日本に住む外国人には親日家も多く、そんな彼らに日本人のあなたが、日本人の悪口を言えば、良く思われるはずがありません。

 

 

よく「外国人かぶれ」と言った言葉を耳にしますが、外国人と友達になるために、外国人になりきることはないのです。外国人になりきるために日本人を嫌いになる必要もありません。

 

 

日本人を否定するということは、自分を否定するということです。そのようなイメージを相手に与えると、勘違いされることは間違いありません。もっと自分に自信を誇りを持ちましょう。

 

 

まとめ

人間人は、自分をよく思ってもらいたい、と思うがあまり周りの人を蹴落としたり否定したりするような行動をとってしまうことがあります。

 

 

そのような行動は、相手からの信頼を大きく失います。友達を作るならば信頼を得ることが重要です。

 

 

自分がどうして外国人の友達が欲しいのか、を改めて考えて、信頼関係を気づける友達を見つけましょう。

 

 

 外国人と友達になりたい人のためのアプリやサイトを紹介!

 

 

 

 

こちらの記事もおすすめです!


 

トップページ ⇒ 外国人と友達になりたい.com