外国人と交流するのにペンパルってあり?この一つで大きく変わった現代事情をご紹介

外国人と友達になりたい

 

その昔、海外にいる人と、文通を通して交流を持つペンパルが人気をあつめたことがありました。

 

 

日本にいながら、外国語で文通をすることで、語学力が身につく、実際に会うことができなくても、外国人の友人を持つことができるとあって、学生などに大変人気でした。

 

 

ところが、近代のインターネットの普及により、ペンパルという言葉自体を聞かなくなりました。

 

 

『現代のペンパル』事情ってどうなっているか、をご紹介します。

 

 

 

Eメールが文通にかわって普及される!

インターネットの普及によりEメールが世界中で普及されるようになりました。

 

 

特に相手が海外にいる場合は、郵便代もかからず、すぐに相手に伝えたいことを送ることができるので、文通が減り、Eメールへと移行されていったのです。

 

 

写真や動画、ファイルの添付ということも可能なので、文通よりも相手とのつながりを感じられることもあります。

 

 

パソコンがなくても、携帯電話やスマートフォンでも交流ができるため、時間を気にすることがなく、返信やメッセージのチェックができます。

 

 

海外からの手紙だと、異常に時間がかかってしまった、紛失してしまったなど、郵送時のトラブルに巻き込まれることがありました。

 

 

もし、メールが届いていないということがあれば、再送することができるので、また書き直したりする必要もありません。

 

 

SNSの普及でチャットも人気に

世界的に人気のfacebookやLineなどSNSの大ブームで、世界中どこにいても交流を持てる時代となりました。

 

 

チャットや交流ページへの書き込みで相手と意見を交わしたり、連絡をとったりすることができるのです。

 

 

オンタイムで会話ができることもあり、会って話しているような感覚を得られます。

 

 

日でもチャットなどを使えば、お互いの姿を確認しながら、会話ができるのです。

 

 

ペンパルでは、お互いの姿を確認できるのは写真だけ、実際に会うような子tが非常に低かったのですが、現代では、ビデオカメラ越しに対面することができるので、相手との距離がより近く感じられます。

 

 

『現代のペンパル事情』はインターネットで!

以前あったペンパルという交流方法が全くなくなったのではありません。

 

 

以前は郵便を通して行っていたことが、インターネットの普及により、EメールやSNSなどへ移行されたのです。

 

 

逆に最近では、手紙が届く楽しみや、相手が書いた字を見て相手がどんな人か想像する楽しさなどが減っているのは事実です。

 

 

とはいえ、インターネットを介せば、相手と会っているような感覚で会話やチャットができるという楽しみがあります。

 

 

せっかく、交流を持てた相手とは実際に会ってみたいと思います。インターネットの普及で、世界どこにいてもそれが可能となったのです!

 

 

まとめ

ペンパルというシステムは、現代からきえつつありますが、インターネットを介して海外の友達とつながることが簡単になっています。

 

 

インターネットの普及により、海外の友達とつながれるきっかけが大きく広がっています。インターネットを通じてたくさんの海外の友達と交流をもってみましょう。

 

 

 外国人と友達になりたい人のためのアプリやサイトを紹介!

 

 

 

 

こちらの記事もおすすめです!


 

トップページ ⇒ 外国人と友達になりたい.com